クラフトコーラの食材紹介 vol.6 コリアンダーシード | クラフトソーダ工房COLAND(コーランド)

2020/11/23 12:52



コリアンダーはセリ科の1年草で原産地は地中海です。

種はスパイスとして使われています。生葉はハーブとして使われ、日本では「パクチー」と呼ばれています。


コリアンダーの歴史は古く、古代ギリシャやローマ時代から料理に使われており、世界各国で親しまれています。


コリアンダーは、リーフとシードで味・香りが違っており、リーフはピリッとした味でスパイシーな独特な香りで、別名カメムシ草と呼ばれています。シードは、甘く香ばしい味で柑橘系の香りがします。

また、日本ではコリアンダーというとシードの方を指す場合が多いです。


カレーによく使われるコリアンダーシードですが、カレー以外にもスイーツやハーブティーなど様々な料理に使うことができます。


ドリンクに使う場合は、軽く潰しておくとより香りが引き立ちます。また、普段飲んでいるドリンクやお酒に入れるだけでフルーティな香りが楽しめ、簡単に変化をつけることができます。


コリアンダーシードには、血糖値の上昇を抑える効果があり、糖尿病対策などに役立つとされています。